今日の充填治療343(中級編)

   

20代女性、左下6、メタルインレー不適合

メタルインレーの歯肉縁下のマージン不適合というのはよくある話で、
患者はそういうものだと諦めるしかない。

外してみるとセメントは脱離している部分はある。
硫酸塩還元細菌による黒いFeSが付着している部分がそれ。

不適合部分は歯肉息肉で覆われている。
失活歯なので、CRで築成してある。

CRを除去して、息肉も切除する。
実は前の画像の1週間後だ。
かなり大きく歯肉切除しているのが判ると思う。

α-TCPセメントで裏装

二回法でCR充填

充填後

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療