歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療その53

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

1203141127-1.jpg
60代女性、右上5番、自発痛+。
初診時に応急処置としてα-TCPセメントに抗菌剤(セフゾン、クラビット)を混ぜたものをウ窩に注入して、
その上から水硬性セメントで充填して様子を見ました。
1週間後、自発痛-です。

後はいつもどおり無麻酔で、痛みが出たらそれ以上削る必要が無いサインです。
CRの接着面以外は軟化象牙質を残すことに拘りません。
α-TCPセメントで裏装して、通法通りCR充填処置をしました。
ストリップスは歯肉縁下に入るように、テープ状のものを適当にハサミでカットして作ります。

では、どうぞ。

IMG_9832-2.JPG
IMG_9841-2.5.JPG
IMG_9839-2.6.JPG
IMG_9843-3.JPG
IMG_9845-4.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.