歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の抜歯再植術シリーズ58

2017/05/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -

現在50代女性、右上7、抜歯再植後15年目の2次カリエス

この歯は15年前に歯根破折で抜歯再植しているので、
抜歯再植を始めた最初期の症例です。

抜歯再植歯がどの程度保つのか?と気になる向きも多いかと思いますが、
15年はもつだろうということは分かります。

このブログは初めてまだ10年程ですので、この症例はまだご紹介していないと思います。

2002/09/13
歯根が3つに破折している。

抜いてみると、

やはりバラバラ、、

綺麗にして、

組み立てた。

再植後

で、15年後の2017/04/19
虫歯があったので、水硬性セメントで充填していたが、

冠を除去すると内部は虫歯で溶けている。

なんとかピンレッジドCRコアにして、印象。

冠セット

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. より:

    なんかすごいね、歯って。
    歯周病にもなってないみたいだしね。
    逆に、歯周病になった歯を抜いても、歯根面をきれいにして、再植すれば、それなりに持ちそう・・。ま、歯周病の場合は、まわりの歯の影響もあるから、1本だけ処置しても難しいかもしれませんが。

    歯根はせつの場合であれば、いけるのですね。歯根膜が死なないのは不思議です。歯科治療は不思議がいっぱいですね。

    管理はしないといけないでしょうが、10年以上もつのであれば、
    歯抜して、ブリッジや入れ歯にするのと比べれば、雲泥の差ですね。
    インプラントにしても、まずこれを試してみて、駄目ならインプラント、
    くらいに考えたっていいかも。

    • mabo400 より:

      インプラントも拒否反応が起これば失敗します。インプラント周囲の骨が溶け出して排除されてしまいます。再植歯もまれに起こります(1症例経験、そのうちアップできるかも)が、インプラントの方が頻度が高いと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2017 All Rights Reserved.