歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療その58

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

60代女性、右上5。冷水痛+。

クラックが近遠心的に入っており、破折寸前の様に見えました。
また動揺度1~2で、側方運動時に外傷性の咬合が認められましたので、頬側咬頭の内斜面を削合した上で、
補強のための冠?の形成・印象(型取り)をしました。ところが、、
0402-1.JPG
0402 (7)-2.JPG
0402 (8)-3.JPG

間に合いませんでした。冠をセットする前に口蓋側咬頭が破折してしまったのです。
2次象牙質ができており、露髄もしていないようでしたので、
CRで足りないところを補いセットしました。
けっこう破折は多いですね。年がいくと歯は弾力を失い破折し易くなります。
硬いものにはご用心!
IMG_0482-4.JPG
IMG_0486-5.JPG
IMG_0489-6.JPG
IMG_0490-7.JPG
IMG_0496-8.JPG
IMG_0499-9.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.