今日の充填治療346(初中級編)

   

30代女性、右上7、近心隣接面カリエス

出産の度に虫歯が増えるパターン。
これはよく言われることで、女性ホルモンが唾液中の重炭酸イオン(重曹成分)を消費し、口腔内が酸性に傾きやすいからだという説がある。

まあ、その対策としては飲食後を中心にこまめに重曹うがいをして口腔内をアルカリ性に保つだけなんですが。。

処置前

トンネリング技法で、マージン付近の健全歯質を確保する。
軟化象牙質はどうでもいい。
虫歯は感染症ではなく、電気化学的な腐食なので、イオンの伝導を遮断すれば虫歯の進行は止まる。

α-TCPセメントで覆とう。
このセメントで細菌は死滅または活動を停止する。
心配なら抗菌剤を少量添加すればよい。
軟化象牙質はこのセメントで再硬化する。

CR充填後

口蓋側

健全歯質確保

α-TCPセメントで覆とう

CR充填後

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療, 虫歯の電気化学説