今日の2次カリエスシリーズ85

   

今日は技工作業をさっきまでしていましたので、
ちょっと疲れています。

で、途中までです。

40代女性、メタルインレーダツリ

メタルインレーは2次カリエスになりやすいという印象がある。

その理由は窩洞にぴったり適合するインレーを作るのが困難で、
歯質とインレーの間に隙間ができやすい。
そしてその隙間はセメントで埋められているはずなのだが、
現実は甘くはない。
セメントは咬合力で崩壊する。
そして、メタルと歯質間にはかなりの電圧が発生し、電気的腐食が進行する。

虫歯は全部除去する必要性はない。
虫歯は電気化学的な腐食で細菌感染症ではなく、

α-TCPセメントで再結晶するからだ。

CR充填後

次回はアマルガムを除去する機会があったので、比較紹介予定。
つづく

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の2次カリエスシリーズ