今日の何やっているの?シリーズ346

   

40代男性、左下67、CKダツリ、2じカリエス、残根

7番はダツリ後数ヶ月放置で歯根分離している上に残根。
6番は数日前にダツリしたということだが、
内部はほとんど全て軟化象牙質(虫歯)、実質的には髄床底が抜けている。

忙しそうなサラリーマンで、いつ来れるか分からない。
とりあえずCRしておかないと抜歯になり咬合崩壊に至る可能性大。。

マージン付近だけ新鮮歯質を確保して、中心部の軟化象牙質は触らず。
触ると穴が空く。

α-TCPセメントを充填して、軟化象牙質の再硬化を待つ

CRでカバーリング

カバーリング後のレントゲン写真、
→の透過性の高い(黒い)部分は軟化象牙質。
一般的には保存は不可能だが、諦めるのはまだ早い。

つづくかも

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の何やっているの?シリーズ