今日の充填治療356(初級編)

   

40代男性、右上6、インレーダツリ

世界中の歯医者は虫歯を見つけると、
とりあえず、
削ってインレーを入れようとします。

なぜかというと、

1、虫歯は自然には治らないので、削って修復するしかないと思い込んでいる。
2、インレーがもっとも完璧な修復方法だと思い込んでいる。
3、そもそも歯の形を憶えていないので、口腔内でCRで歯を作れない。外注するしかないと思い込んでいる。
4、CR充填は低レベルで粗悪な修復方法なので、そもそもするべきではないと思い込んでいる。
5、CR充填よりインレー修復の方が儲かると思い込んでいる。

少なくとも1、2、は間違いです。虫歯は治るし、そもそも予防は簡単。

虫歯はH+(水素イオン、プロトン、酸)が歯を通り抜けるときに歯のCa(カルシウム)と電子を交換してH+はH2となりCaはCa2-となって歯の結晶が崩壊することなのですが、

H+の存在とH+が歯を通り抜けるときに必要な起電力の両方が必要なのです。

で、どちらかがなければ虫歯にならない。

もっとも容易な方法はH+を消せばよい。要するに酸を中和すればよい。

具体的には、歯牙表面が酸性になる飲食直後に「重曹うがい」すればよい、ということです。

3、以下は歯医者のつごうですw

そもそもCR充填は難しいわけでもなく、インレーより長持ちするんですけれどね。。w

before

after

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療, 虫歯の電気化学説