歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の何やっているの?シリーズ349

 
この記事を書いている人 - WRITER -

インレー・ブリッジにしろ接着性義歯にしろ、接着面積が小さい補綴物はダツリしやすいので、使えないよね。。というのが患者さんの感想です。
数ヶ月しか持たないので、なくても不自由ないのだが。。wと最近来られたアメリカ人の患者さんが言っていました。

機会があればご紹介したいと思っています。

この手のブリッジは歯をあまり削らないというメリットがあるものの、ダツリし易いのが欠点です。
その対策としては、

1、これらの欠点を回避するには内側性のインレーにはしない(ダツリすると2次カリエスになる)。
2、金属は金合金(パラジウム合金含む)は接着性に劣るので、銀合金を使う。
3、外側性にして、金属部分を○ーパー○ンドで歯質ごと覆う。

ということで、実際の症例写真を見てください。

before

after

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2017 All Rights Reserved.