歯科医院長mabo400のブログ

今日の2次カリエスシリーズ6

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

70代女性、右上ブリッジの支台歯右上5の遠心の2次カリエス。
自覚症状無し。

このところ2次カリエスの症例が続きますね。
毎日1症例位ですが、とても面倒で時間がかかります。
最後は患者さんに画像をお見せして終わるのですが、
お互いにお疲れさま、、とご挨拶します。
しかも、1時間かかって、380円の診療報酬です。
取り戻そうと思えば、抜歯してインプラントをお薦めしたくなるというのは無理からぬことでしょう。
うちはしませんが。。

ブリッジを切断すると冠は簡単に外れる。スクリューポスト+レジンコアだが、これも簡単に取れる。
セメントも歯質ももろくなっているからだ。
遠心のカリエスがひどい。
遠心というのは中心から遠いということで、歯の場合奥の方という意味になります。

電気化学的に解釈すると1本の歯でも奥の方が虫歯になりやすいのは、酸素濃度が遠心面の方が低いからで、通気差腐食が起こりやすいからです。

1203061010-1.jpg
IMG_2738-2.JPG
IMG_2739-3.JPG
IMG_2746-3.5.JPG
IMG_2744-4.JPG
IMG_2749-5.JPG
IMG_2753-6.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.