歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療358(中級編)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

30代女性、右下7、左上7、自発痛ー

前回のつづきで、左上7のCR充填です。

2次象牙質が出来ているので、思いっきり欠けていても無症状。
CRがダツリしていても、痛くないので放置していた。

マージン付近は接着力を確保するために新鮮歯質を確保するが、
それ以外は軟化象牙質(虫歯)を残しておいても問題ない。
露髄しているはずの髄角は2次象牙質ができているので、
これ以上触ってはいけない。

軟化象牙質部分はα-TCPセメントで覆とうする。
これで再硬化する。

CR充填はストリップスは使用せず、積み上げ法を用いた。
辺縁漏洩は不可だ。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 通りすがり より:

    こんにちは。いつも更新ありがとうございます。
    インスタで出てきた前歯の修復動画をみて可能性にビックリです。
    先生もこんな感じでやられているんでしょうね。

    https://www.instagram.com/p/BY0f2SSgo_B/

    ご存じでしたらすいません。

    • mabo400 より:

      似たようなことをやってはいますが、
      これは所詮インスタ映えの画像ですからね。。
      差し歯の前装が剥がれたのを修理しているのでしょうが、
      ラバーダムをして歯茎部のCR修復とか、
      ふつう、有り得ません。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2017 All Rights Reserved.