今日の充填治療361(初級編)

      2017/09/26

今日もですが、外傷性咬合の方をたくさん診ました。

まだ30歳そこそこなのに、歯ぎしりがひどく歯がすり減る、歯牙が破折する、
そんな悲惨な歯を延命処置しました。
そのうちここでアップしようか、とも思いましたが、もううんざりしているのも事実です。

この10数年、世の中、終わりが近づいているというプレッシャーを感じます。新自由主義とかよばれる全世界的な奴隷制度が極限まで追求されると、ついていけない人から身体が崩壊していくのでしょう。

そんな印象を受けます。

既存の世の中がいつ崩壊しても耐えられる生活基盤を確立しておかねばなりませんね。

・・今日は単なるアマルガム充填歯の辺縁隆線が破折した症例です。

アマルガムには接着性がないので、全部除去することにしました。
虫歯が深かったのでしょう。ユージノール系のセメントで覆とうしてありました。

ユージノールはレジンの重合を阻害するので、除去しました。

α-TCPセメントで覆とうして

CR充填後

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療, 外傷性咬合