今日の充填治療369(初級編)

      2017/10/03

20代女性、右上3、隣接面カリエス

入り口は小さいが、

内部には虫歯が広がっている。
エナメル質は虫歯になりにくいが、象牙質は虫歯になりやすい。

というより、エナメル質は全く溶けていない。

虫歯菌が出す酸で歯が溶けたのが虫歯というなら、
エナメル質だって多少は溶けるはずなのですが、
そうではない。

エナメル質は全く溶けていないのです。

これは歯が酸で溶けたものが虫歯というのは錯誤で、
エナメル質も象牙質にも水素イオンの伝導性があり、
ただイオン化傾向が象牙質の方がエナメル質よりも高いので、
象牙質の方が先に溶けるのです。

α-TCPセメントで覆とう

CR充填後

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療, 虫歯の電気化学説