歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療その87

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

20代女性、右上4、遠心隣接面カリエス。自発痛-。

ふつうのトンネリング技法によるCR充填処置です。
5番の近心にもカリエスがありますが、黒色物質(FeS)の沈着が認められ、進行し難いと判断しましたので、予防管理していきます。
今日は形成途中を細かく見てみます。
麻酔は使っていません。痛みが出てくるとそれ以上は健全歯質なので、削らなくても済むからです。

0724 (1)-1.JPG
0724 (2)-2.JPG
0724 (3)-3.JPG
0724 (4)-4.JPG
0724 (5)-5.JPG
0724 (6)-6.JPG
0724 (13)-7.JPG
0724 (14)-8.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.