今日の充填治療373.01(中級編)

   

前回の続きです。

・・50代白人男性、右上6メタルインレー脱離
SRP中に2次カリエスらしき隙間に気が付いたので、エキスカベータでこじるとあっさり外れました。

メタルインレーは合着セメントが崩壊して、隙間ができていても直ちに問題はない。
合着しないリン酸亜鉛セメントでも問題ない、
それどころか、
合着セメントの無いアマルガム充填でも問題無いのがその理由を物語っている。

多くの歯科医師は気が付いていないが、嫌気性細菌だけが生息できる程度の狭い隙間なら、虫歯の進行は遅い。

好気性の酸産性菌が繁殖できる程度の隙間になると一挙に虫歯が進行する。

合着セメントや覆罩セメントを除去して

α-TCPセメントで覆罩

CR充填は2回法で行った。

2回目充填後

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療, 虫歯の電気化学説