今日の抜歯再植術シリーズ68

      2017/11/09

40代女性、左下5、穿孔、Per、ブリッジ脱離

67欠損の大きなブリッジが装着されていて、8番は近心傾斜しているのでトラブルは必然的に起ります。
傾斜した8番に咬合力がかかると沈み込み量は傾斜していない場合に比べると大きくなります。その歪みは5番にかかり脱離や歯根破折を招きます。
8番は矯正治療で傾斜を治す予定です。

5番の近心歯根面には膿瘍が見られポスト形成時の穿孔があるのでしょう。よくあるアクシデントです。

歯根破折も疑われたので抜歯再植を試みました。

レントゲン写真

ブリッジ全景

5番の拡大像

カットして個別に除去しようとしましたが、

その必要はありませんでした。
8番の冠も5番のポストも脱離していました。

5番の根面、虫歯でドロドロになっています。

抜歯窩

抜歯歯牙

つづく

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の抜歯再植術シリーズ