歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の何やっているの?シリーズ357

 
この記事を書いている人 - WRITER -

あれから義歯のフレームを曲げとロウ付けで作って、人工歯と床まで作りました。

フレームは半円線の手曲げですが、メタルフレームに負けない剛性を得ることができます。
それは剛性は面積に比例し、厚さの3乗に比例する。面積・厚さはトラス構造にして実質的に増やすという機械工学の基本に立脚して作れば良いのです。

床の材質の剛性に期待する必要はありません。適合性に注目するだけです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2017 All Rights Reserved.