今日の抜歯再植術シリーズ71

      2017/11/21

70代男性、左下7、Per、歯根分岐部が腫れて痛い。

この方も外傷性咬合の持ち主で、若い時から歯ごたえのあるものを好んで食されるようでだ。
歯科のトラブルを抱えている方は外傷性咬合の持ち主が多いのは事実だ。

半年程前から急に悪くなって、分岐部病変の急発を繰り返された。

2017/05/08
Xray

分岐部の病変をなんとか抜かないで治せないものかと思い、

ブリッジのダミーより後ろとメタルコアを除去して、

抗菌剤添加のα-TCPセメントを根管内部に充填して様子を見たが、

骨植は極めて悪く、改善は認められない。むしろ悪化している。

2017/09/06
Xray

仕方がないので、ダメ元で抜歯再植に踏み切った。成功の確率は10%以下だ。それでもするしかない時もある。ダメだった時は報告しよう。

抜歯は指でむしり取るだけだ。歯槽骨がほとんど失われていたからだ。

抜歯歯牙の分岐部には細菌のコロニーが多数見える。白いブツブツがそうだ。
セメント質も炎症性に肥厚している。

つづく

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の抜歯再植術シリーズ