今日の矯正シリーズ100.01

   

40代男性、左下7、近心傾斜

6番が欠損しているので傾斜した7番に無理やりブリッジを入れると
いろいろとトラブルが発生します。

この方は、7番の近心の歯肉が清掃しにくいため、炎症を起こしやすい。
で、矯正治療で立て直すことにした。

歯牙が起き上がってくると対合歯に当たり始めるので、適宜削合する必要がある。

この時のつづきです。

http://mabo400dc.com/orthodontics/post-21759/

ブラケットをセットして矯正治療を始めたのは今年の8/16でした。
レントゲン写真をご覧ください。
近心傾斜が治っていく過程が分かると思います。

矯正治療を始める前
2017/06/20

2017/10/11

今日
2017/11/27

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の抜歯再植術シリーズ