今日の抜歯再植術シリーズ66.2

   

40代女性、左下6、穿孔、歯根破折、咬合性外傷

前回の続きです。

http://mabo400dc.com/dental-treatment/post-23609/

この歯は7年程前、遠心根の穿孔の原因は憶えていませんが、穿孔充填の治療をしています。
この時点で抜歯再植をしなかった理由も記憶が定かではありませんが、反対側の右側5、6も咬合性外傷で抜歯再植しているので、左側も同時期にできないと判断したのかもしれません。

この方は強い噛み締め癖があります。

しかもこの歯には上顎の7が欠損していることもあって、過大な外傷力が働きます。

・・貼り合わせて

ポストを入れて

足りない部分を再建します。

抜歯窩に挿入して

○ーパー○ンドとCRで接着固定して

包帯して投薬

これは、1ヶ月以上経過の後、接着性義歯風の冠を作成するためにCRで歯冠を再建して型取り。

上顎7は欠損していて、下顎7が役に立っておらず、外傷力を分散できないのが下顎6がダメになる原因。

技工作業のアップ予定。つづく

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の抜歯再植術シリーズ, 外傷性咬合