若い子シリーズ29

   

6歳女子、右下D、隣接面カリエス。

この子は怖がりで痛がらせたらアウト!!もうさせてもらえない。
麻酔の注射とかラバーダムとかもってのほか、
押さえつけての歯科治療とか何が起こるか分からない。

そんな子でも全く痛くなく手早く充填治療をすることができる。

歯肉息肉が窩洞内に入っていたので、初診時に水硬性セメントで充填しておいた。
これで歯肉息肉が消えることが多い。

神経も近いのだが、虫歯は全部取る必要はない。漏洩を避けるために接着マージン付近だけ取れば良い。
虫歯はα-TCPセメントで再硬化する。
歯肉息肉が少し残っていたので出血したが、ボスミン液で止血した・

α-TCPセメントは完全硬化しないうちにボンディング材を塗布しても問題ない。
CR充填は積層法をもちいて、ストリップスは使用しない。

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療, 若い子の歯科治療シリーズ