今日の何やっているの?シリーズ359

      2017/12/14

70代女性、右上1、変色歯

年齢性別に関係なく白い歯がいいに決まっています。しかも隣の(僕がテケトーに作った)前装CKのA2の色と比べると、さすがに気になると思う。

神経を取った歯は変色することが多いのですが、これは歯髄の有機質が残留していると、それが変質して象牙質の細管に染み込み、歯が変色するからだといわれている。

ところで、世界中の歯科業界は例外なく「drilling and filling」、
要するに「削って被せる式の治療」で食べている。

倫理的にはあってはならないことだが、わざと歯髄を完全に除去しないで変色することを期待する。ということはあると思う。

僕も歯医者になりたての頃、勤め先の歯科医院の院長に、遠回しに、そうしろ、と言われたことがある。

こうしないと、楽をしてスタッフに十分な給料を払い、たまにはくるくる回っていないお寿司をおごることなんかできやしないのだ。

世の中、甘くないw

変色して、患者がどうにかならないか?と言ってきたら、それが仕事になるということだ。セラミックスの差し歯は綺麗で、永久に変色しませんよ、一生モノです。。と薦めることができる。しめしめ、、ということだ。まあ、嘘なんだが。

ま、人の無知と弱みに付け込んで商売にしようとするというのは、どこの業界にもありがちな話ではある。

で(?)、うちではセラミックス冠は薦めず(神経を取った歯でも自前の歯の方が良いに決まっているから)歯牙漂白をしている。

まあ、お値段は1/100。極端に儲からないので、うちのスタッフには自分の食い扶持は自分で稼いでね、、と念を押しているw

before

after

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の何やっているの?シリーズ