歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療その104 (2)

2017/07/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -

20代男性、右下7、冷水痛+。
2年程前の充填症例で、このときはよりひどい方の左下7を取り上げましたが、
この歯は問題なく経過していますが、ひどくない方は症状が出ました。

近心舌側咬頭のCRが破折しているようです。

http://mabo400dc.com/dental-treatment/post-1110/

CRを全部除去してみると、α-TCPセメントが完全に溶出していて残っていません。
まだ歯髄は失活していないようでしたので、軟化象牙質の上に再度α-TCPセメントに有り合わせの抗菌剤を混ぜたものを載せCR充填しました。

IMG_7610-1.JPG
IMG_7614-2.JPG
IMG_7615-3.JPG
IMG_7622-4.JPG

やはりこの部分が高いらしく、破折しているCRもここです。
上顎の対合歯との咬合関係が良くなく、
天然歯質も削り込まないと、隣在歯の接触が得られませんでした。
機会があれば、咬合についての詳しい分析もしてみたいと思います。
IMG_7624-5.JPG
IMG_7626-6.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.