今日の充填治療その106

      2017/03/20

A子ちゃんのつづきです。
http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201209140002/

元の歯並びに合わせてCK(メタル修復物)が作られているので、
当然ですが、新しい歯列には個々の歯のCKの形状がマッチしません。
寝ている時の歯ぎしりや喰いしばりの症状が出ているようですので、
CK(メタル修復物)を外して新しい咬みあわせを作る作業に入ることにしました。
ブラケットが付いていないCKから外していきます。
今日は右上7番のメタルインレーから。
IMG_7830-10.JPG

深めの窩洞形成でしたので、削り取るのにも時間がかかりました。
IMG_7815-1.JPG
IMG_7816-2.JPG

辺縁付近には隙間ができていて、黒色物質が付着しています。
この物質を採取しましたので、分析したいと思っています。
もしこの黒色物質がFeSなら希塩酸をたらすとH2Sガス(卵が腐ったような匂い)が発生しますので、簡単に判るはずです。
IMG_7817-3.JPG
IMG_7819-4.JPG

後はふつうにきれいにして、α-TCPセメントでライニングしてCR充填しました。
IMG_7820-5.JPG
IMG_7822-6.JPG
IMG_7825-7.JPG

咬合調整はまだ暫定的です。
この右上7の咬合接触は弱いので、とりあえず向かって右の右上6番のメタルインレーを調整して、
7番のCコンタクトを接触させました。
IMG_7827-8.JPG
IMG_7829-9.JPG

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療