歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療その109

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

50代男性。左下6舌側。自発痛-。
「応力腐食割れ」から「隙間腐蝕」と進んだと思われる症例です。

本症例でこのシリーズ中3症例目です。
ストレスオーラ絶賛発散中の管理職の皆さんお気を付け下さい。

就寝時に強い噛み締めをしていて、朝起きると顎がこっているとか。
ナイトガードは持っていらっしゃるので、使うように。。
ばっこり、ハセツします。

「応力腐食割れ」と「隙間腐蝕」に特徴的なのはクラックに沿って見られる歯肉縁下の穿通性の虫歯様欠損です。

虫歯様というのは、細菌の関与がなくてもできると考えられる無菌性ウ蝕ということです。

この症例でも、この穴は3mm程と深く、歯髄に届いているかもしれません。

とりあえず、クラックごと覆うようにCR充填しました。

IMG_0297-1.JPG
IMG_0300-2.JPG
121013 (2)-3.JPG
121013 (3)-4.JPG
121013 (4)-5.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.