今日の抜歯再殖術シリーズ5

      2017/03/20

40代女性、右上6、頬側GA、咬合痛+、ハセツ線あり。

6年前Perで処置済みだが、クラックは当時からあった。

抜歯再殖を試みたが、頬側2根の吸収は進み、膿瘍が大きく抜歯時に腐敗臭がひどく、
口蓋根以外の歯槽骨は失われていた。

結局、仮組みはしたものの、予後不良と判断し再殖は諦めた。
再殖を諦めるケースは多くはない、むしろ稀。

6年前の根治前後と3年前のレントゲン写真。
頬側根の吸収が判る。
2006/04/19
060419.jpg
2006/07/31
060731.jpg
2009/02/04
090204.jpg

6年前のコア除去時の画像、クラックが見える。
今回はこのクラックが広がってハセツした。
2006/06/16
060616.JPG

ハセツ線
1.JPG
2.JPG

3.JPG
4.JPG

仮組みの状態。3Dパズルのようにパーツをコアに合わせてゆく、合わせるのも順番がある。
表面張力で貼りついていて、バラけない。
技術的には問題ない。
手が震えていない小学生の時の僕の方がもっと速く上手に組み立てることができただろう。
5.JPG
組み立ては諦めた。
6.JPG

 - 歯科未分類, 削らない・抜かない歯科治療