今日の充填治療その115

      2017/03/20

40代女性、左下6遠心辺縁隆線破折。

7番が欠損している症例では過重負担となっている場合が多い。
2009/06/06に遠心小窩の2次カリエスを充填している。
3年半前も過重負担でインレーが2次カリエスになっていた。

今回はインレーは全部除去してCR充填にすることにした。
3年半前のα-TCPセメントは健在だった、漏洩はなかったようだ。
インレー内面は黒色物質(FeS)で覆われている、セメントの接着性は失われているがカリエスはない。

正像ではクラックが入っているのが判る。クラックに沿って破折したと思われる。
今回はCR充填だけでは済ませず、CKで歯冠を補強することにした。

咬合調整の3枚は充填直後のタッピング、中心咬合位での調整後、側方運動時のチェック後。
この方は反対咬合なので、臼歯部が側方運動時に干渉する。
これはこれで仕方ない。

1.JPG
2.JPG
3.JPG
3.5.JPG
4.JPG
5.JPG
6.JPG
7.JPG
8.JPG

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療