今日の充填治療その116 (4)

      2017/03/20

70代女性、右上6 2次カリエス、自発痛-。
インレーも頬側のCRも簡単にダツリした。
いままで症状が出なかったのが信じられないが、
高齢の方になるとよく見かけます。
2次象牙質ができて知覚が鈍磨しているか、
すでに歯髄は生きていないかもしれない。

骨植もよくなく、動揺度1、
歯肉縁下のカリエス。
神経を取って、冠を被せる?
・・歯科医師の皆さん、できますか?
・・僕には自信がないですね。多少は儲かるかもしれませんが。
労多くして、巧少なし。。
下手すれば、抜歯になりそうです。
それどころか、最初から抜歯しましょう、、(=インプラントにしましょう!♡)と言いたくなります。

まあ、3000円でCR充填をした方が、患者も歯医者もハッピーです。
こんなものでも冠を被せるより長く保つかもしれないし。
インプラントほど気疲れもしないし、お金もかからない。
その場で終わるし。

・・資源エネルギー減耗時代が来ても怖くはありません。

歯肉縁下の処置、いかに出血を避けるか?
そもそも、どうやってCR充填するの?
見どころ満載です。

使う器具・材料は過去記事を探してください。

IMG_0202-1-1.JPG
IMG_0209-1-2.JPG
IMG_0235-2-2.5.JPG
IMG_0219-1-3.JPG
IMG_0223-1-4.JPG
IMG_0224-1-5.JPG
IMG_0231-1-6.JPG

咬合面観
IMG_0203-2-1.JPG
IMG_0207-2-2.JPG
IMG_0214-2-3.JPG
IMG_0220-2-4.JPG
IMG_0230-2-5.JPG

咬合調整は特に難しいということはなく、
前歯部の黒矢印に隙間が無くなるように、
隣の5番に接触ができるまで(白矢印)、削合します。
IMG_0232-3-1.JPG
IMG_0233-3-2.JPG
IMG_0234-3-3.JPG
IMG_0236-3-4.JPG
IMG_0237-3-5.JPG

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療