今日の何やっているの?シリーズ365

   

30代女性、左上5欠損

接着性義歯は着脱式の義歯とブリッジの良いとこ取りの義歯だと思う。

着脱式の義歯は当然だが、食事中に外れて口の中でカラカラと食べ物と混ざって、飲み込みそうになる。
というか違和感の塊だ。もちろん清掃や取り扱いも面倒だ。

ブリッジはその点楽だ。違和感もない。ただし、欠損部分の両隣の歯をガッツリ削るので、予後が悪い。
脱離して2次カリエスになっているのに気がつくのが遅れると、やばい。
破折することも多々ある。
下手すると抜歯になって、大きな取り外しの義歯になってしまうかもしれないということだ。

接着性の義歯は欠損部分の両隣の歯を削らなくても良い。これは大きい。
大事な残っている歯が壊れる前に義歯の方が外れたり、壊れたりして残存歯を守る設計だ。
義歯はまた作り直せば良いが、天然歯はそうはいかないのだ。

正像
before

after

鏡像
before

after

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の何やっているの?シリーズ, 義歯