歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の何やっているの?シリーズ365

 
この記事を書いている人 - WRITER -

30代女性、左上5欠損

接着性義歯は着脱式の義歯とブリッジの良いとこ取りの義歯だと思う。

着脱式の義歯は当然だが、食事中に外れて口の中でカラカラと食べ物と混ざって、飲み込みそうになる。
というか違和感の塊だ。もちろん清掃や取り扱いも面倒だ。

ブリッジはその点楽だ。違和感もない。ただし、欠損部分の両隣の歯をガッツリ削るので、予後が悪い。
脱離して2次カリエスになっているのに気がつくのが遅れると、やばい。
破折することも多々ある。
下手すると抜歯になって、大きな取り外しの義歯になってしまうかもしれないということだ。

接着性の義歯は欠損部分の両隣の歯を削らなくても良い。これは大きい。
大事な残っている歯が壊れる前に義歯の方が外れたり、壊れたりして残存歯を守る設計だ。
義歯はまた作り直せば良いが、天然歯はそうはいかないのだ。

正像
before

after

鏡像
before

after

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. より:

    接着性の義歯なんてあるのですね。
    こんなの見たことなないですね。

    先生がご自分の歯だったら、下の5番が欠損したらどうしますか?

    1本義歯ですかね・・。

    先天性で、5番がない方もおられるのですよね。
    そういう方はどうしておられるのでしょうか?

    • mabo400 より:

      接着性の義歯というのは僕の造語ですから一般にはありません。
      特に支障がなければ何もしないと思います。
      この方は外傷性咬合があるので、4番の動揺がありましたので、接着固定の意味です。
      僕の下顎の5番も先天欠損していますが、義歯も接着性義歯も使い物になりませんでした。天然歯を大幅に削ってブリッジはしないですね。

  2. より:

    コメントありがとうございます。

    下の5番とかみ合っている、上の歯の5番は下がってこないんですか?

    永遠に下がり下がり続ける、ということはないとは思いますが。

    ネットで拾ってくる情報と、実際とは違っているのかもしれません。バイアスのかかっていない、実際の所がどうなのかを知りたい、です。

    • mabo400 より:

      正常咬合では、上顎5は下顎の6と5の間に嵌合していますので、下の5がなくても、6に支えられていますので、上顎5は伸びてこないことが普通です。
      ご自分の噛み合わせはいかがですか?

  3. より:

    ありゃ、そうですね。
    上あご4番の間違いでした。
    上あご4番か下がってきそうですね。

    • mabo400 より:

      上顎4は下顎の5、4の間に嵌りますからね。どちらにしろ、簡単には伸びませんよ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2018 All Rights Reserved.