歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療その120

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

8歳男子、右上D GA形成、右上E自発痛-。
うちではこういう通常は神経を取るしかない症例でも、そんなことはしません。
というかそんな無駄なことはしなくても治ります。

信じるか信じないかは読者次第。。

もう、根貼とか根充とか、CR充填とかの区別は意味がないのです、お分かりでしょうか?>Fさん?

・・覆髄にα-TCPセメントに抗菌剤を添加したものを使い、
CR充填するだけ。
軟像があろうが、GAがあろうがCR充填で治ります。

今回はCR充填のテクニックをご紹介。
黒の矢印部の説明です。
歯肉縁上のマージン部はストリップなしであらかじめ辺縁封鎖をしっかりしておき、
歯冠形成はストリップを使います。
いきなりストリップを歯肉と歯質の間に差し込むと出血が懸念される場合のテクニックです。

使用材料器具は過去記事をご参照ください。

10.JPG
11.JPG
13.JPG

20.JPG
21.JPG
22.JPG
23.JPG
24.JPG
25.JPG
26.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.