今日の充填治療387(初級編)

   

30代女性、右上5、CKダツリ

デンタルフロスで外れたそうですが、内面はFeSで黒くなっているので、数年前からセメントは効いていなかったと思われる。
それでも深刻な虫歯にはなっていなかった。
十分に隙間が狭く、嫌気性の硫酸塩還元細菌の生息にとって最適な環境だったからだ。

新鮮面を出して

α-TCPセメントで裏装。失活歯なのだが、将来エンド治療が必要になった時にCRを除去しやすくするという意味がある。

CR充填2回法

CR充填完了

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療, 虫歯の電気化学説