歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療その130

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

40代男性、左上8インレーダツリ。
一番奥の8番(親知らず)のCR充填は通常困難で、特に近遠心にまたがるMODインレーの形態はその難しさ故、CR充填の対象外です。
しかし、やってできないことはありません。
ボトルシップを作るようなものと考えればよいのです。

当院で経験するCR充填はむしろメタルインレーより安価で時間もかからず、
長期的安定性もすぐれていると思います。

インレーにしても、ダツリしたインレーの内面を見ると接着性はかなり以前に失われていることが分かりますので、そのコストの割には大したことはありません。

今後急速に従来の石油文明は崩壊していきますので、
省エネで低コストなCR充填はますます求められていくと思います。

今回の充填操作はストリップスを換えて、近心と遠心別々の2回法を採っています。

2.JPG
1.JPG
3.JPG
4.JPG
5.JPG
6.JPG
7.JPG
8.JPG
9.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.