今日の抜歯再植術シリーズ79.02

   

50代男性、右下6、歯根破折

他院で歯周病だから保存は不可能という診断だったので、
うちに来られた。
破折しているから抜歯というのを説明するのが面倒だったのか?ちょっとよく判らない。
普通は歯根破折は99.9%抜歯だろう。再植は歯科医院に経済的メリットがない。

どういうことかというと、再植はインプラント植立費用の1/10程度なので、歯科医院の売り上げに貢献しない。同業者からは、いくら患者からありがたかられようと、酔狂なことだとしか思われない。世の中はそういう仕組みになっている。技術的な問題ではないのだ。
これをどう克服するか?というのは大きな問題なのだが、理解できる人は少ないし、実践できる人はもっと少ない。それが現実だ。

歯根部の大きな塊をよく観察すると歯根分岐部に大きな膿瘍がある。

膿瘍を除去すると、歯根分岐部が汚れている。穿孔があるのかもしれない。

内側からも綺麗にしながら穿孔やクラックがないかよく観察する。

接着面は新鮮象牙質を確保しつつ綺麗にしながらディンプルやポストの挿入口を作っていく。

穿孔や根充材が透けて見えるようなところは○ーパー○ンドの筆積みができる程度に開拡する。
根尖口も開拡する。

小さな破折片も

綺麗にする。

再建の準備ができた。

つづく

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の抜歯再植術シリーズ