歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療その135

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

このところ面白い症例がないです。CKの再治療とかで、バタバタしているのですが。
虫歯の治療をすると必然的に再治療が必要になり、歯医者の仕事はなくなりません。
これは歯医者の陰謀、、と思う人もいると思いますが、そこまでの悪徳歯科医は少ないです。これが仕事だ、、と仕事に燃えているおめでたい(ごめんなさい)歯医者はたくさんいますが。

で、今日は40代女性、左下7歯頚部カリエス、自発痛-。

ちょっと太り始めて(間食し過ぎ^^;)、膨らんだほっぺの粘膜で歯頚部が覆われてしまっていて、そこが虫歯になる。こういうケースは多いと思います。

歯頚部のエナメル質ではなく、象牙質が虫歯になるのは、「虫歯の電気化学説(歯は金属の腐食と同じ現象と考える)」によると、イオン化傾向が、象牙質>エナメル質だからです。
それに、一般にはほっぺに隠れると唾液の清浄作用が落ちるからだと信じられていますが、違うのです。酸素濃度が低いところから腐食が始まるという「通気差腐食」という現象が起こるからです。もちろん酸性環境になっているのなら、唾液中の緩衝物質(重曹成分)で酸が中和されにくいということはあります。

この部位は歯肉縁下の虫歯なので、
通常浸出液や唾液がかかり易くCR充填治療は困難です。

で、どうするか?
マトリックスの代わりに歯肉の内縁上皮をそのまま使います。
出血させないように慎重に虫歯を除去し、ボスミンで血液浸出液を抑え、フロアラブルレジンで手早く充填して、
はみ出した部分は後で削合します。
一番最後の画像で出血しているのはその為です。

1.JPG
2.JPG
3.JPG
4.JPG
5.JPG
6.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2013 All Rights Reserved.