歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療393(中級編)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

50代男性、左上7、自発痛+

寝る頃に痛くなり、痛み止めを飲むと眠れる。
そんな日が1週間続いた。

このCR充填は僕が数年前にしているような気がするが、まだ過去画像を検索していない。
この方、父の四十九日がやっと終わってホッとしたところで、痛くなったそうです。

たぶん心労で食いしばっていたのでしょう。辺縁封鎖が破れて電解質が歯髄に侵入し始めた症状に思えたので、CRを除去してみた。
やはり露髄しています。かなり出血した。

普通は痛みが出ているだけで、また露髄しているだけで、神経を取るのが普通だ。

近遠心的にクラックが認められるので、次ば歯牙破折か?と危惧されるが、とりあえずボスミンで止血できたので、

α-TCPセメントで直覆して

CR充填して様子見。症状が治まらない時は来て、と言っているがまだ来ないw

N.S.さんがおっしゃるように、痛みが出ていても、露髄していても、神経を取らないで済ませることは、可能な場合は多い。これが歯科医師としてベストを尽くすということなのかもしれないが、極端に疲弊する。保険での診療報酬は初診料を含めて6000円程、小1時間は神経を張り詰める作業。経営的には成り立たない。しかも身体は徐々に壊れていく。
正直、こんなことはしたくない。患者としては、処置後痛くなくなったのだからOK、でもすぐ忘れる。こんなものなのだろうと思い、感謝することもない。
これが現実。僕は疲労が蓄積していき、身体は壊れていく。

だから、(患者から見ると)安易に神経を取るのだ! (患者から見ると)安易に抜歯するのだ!
毎日毎日こんな症例に遭遇していたら、それは身体が壊れてしまう。
もう実際のところ壊れているのだ。もう30年も壊れた身体を引きずって生きている、

だから、予防歯科なのだ!、、こんな割に合わないことはしたくない!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 匿名 より:

    同業者です
    同感ですね、数年前よりCRを多くやるようになり、目はかすむし腰は痛み60過ぎて
    内臓の疾患になりそれをきっかけに早々セミリタイアしてしまいました。
    でも相変わらずの治療方針です 苦しいけれど満足しています。
    できるだけ長く仕事を続けて行きたいですね。

    • mabo400 より:

      同じようなお考えの同業者さんがいらっしゃって心強いです!
      お互いこれからも頑張りましょうw!

  2. より:

    ホントにご苦労さまです。

    患者も無意味に削られたくはないですし、
    歯科も疲弊してしまってはいい仕事ができませんよね。

    そんなに大儲けはなくても、
    生活していく分には満足できて、
    患者も犠牲にならなくていい方法に変わっていってほしいですね。

    歯科の仕事自体は、傍から見てても興味深いですし、
    面白そうなのですが、細かい仕事だから、神経をすり減らすでしょうね。

    言い方は失礼かもしれませんが、削って儲ける的なことになってしまっては、
    本末転倒ですよね。

    欧州の歯科は午前中数人の診療だけでも、生活ができるとか聞いたことがありますが、
    日本はそういう訳にはいかないのでしょうね・・・。

    • mabo400 より:

      削って儲ける式の歯医者の仕事は世界中普遍的にやっているのですが、それは虫歯の発症原因も全く明らかになっていないからなのです。
      対症療法を繰り返すというやつです。
      このブログを書き始めてからずいぶんと虫歯の発症原因も分かったし、真の予防法もわかりました。
      大きくは2つあります。
      1、アルカリ性では虫歯にならないので口腔内の積極的なpHコントロール
      2、外傷性咬合のコントロール

      午前中数人だけで食べていけるのは日本の保険の診療報酬の10倍の自費治療だからです。患者からすると3割負担の方で同じ治療に30倍の支払いをすることになりますw

  3. N.S より:

    先日コメントに書き込みました、5年前の息子(当時中2)前歯治療は‥
    自費診療専門治療で、前歯2本で60万円を超えました。
    学校での事故でしたが、保険診療での治療でしか対応してもらえず、全額自己負担でした。
    子どもの歯だからこそ、全額負担でも選んだ治療でした。
    (もしかしたら、保険診療でも同じ治療をしていただける歯科医院もあったかもしれませんが‥あの時には、探せませんでした。)

    保険診療の限界も分かります。
    だからこその予防歯科、確かにそうですね。

  4. より:

    高っけーなー。材料費がどれくらいかかっているかわからないのですが、みんな自費をやりたがるわけですね、、。
    なんか、高いか安いか極端ですね。

    失礼しました。

    • mabo400 より:

      そうです。材料費は外注費を含めても数万円か、10万円はいかないだろうと思いますが、自費治療は自由診療なので価格は自由に設定できます。

      日本は社会主義国なので、保険診療は極端に安いのですが、
      その代わり歯科だけは混合診療が認められています。
      今では保険だけで食べていくのはかなり厳しいのが現実だろうと思います。
      混合診療でバランスを取っているのでしょうね。

  5. より:

    こんにちは。

    写真をみてみると、コンポジットレジンの上からだと、虫歯かどうか判断できないですよね?

    こういう虫歯ってレントゲンで映るもんなんですか?

    痛くなるまで放っておくと、神経を取られるのが関の山でしょうから、
    神経を取られるくらいなら、レジンを外して治療した方がいいと思ってしまいます。

    といっても、黒くなってる部分は、意外と進行が遅いのですよね?

    というか、レジンが欠けているわけでもないのに、中って虫歯になるんですね・・・。

    レジンの中は重曹うがいも効果ないでしょうし、悩みます。

  6. mabo400 より:

    僕が避けていたことにツッコミありがとうございますw
    黒い部分はFeSで電導性は低いので、虫歯の進行は遅いと思って良いです。
    ちなみにこの黒い部分は虫歯ではなく、前回のCR充填前からあったものです。
    CRを見ただけでは虫歯というよりダツリしていて隙間ができているというのははっきりとは判りません。
    咬合面のCRのクラックがあるとかCRと歯質の間が黒くなっていて隙間を疑わせるとかその程度です。レントゲンでも判りません。
    この症例の場合すでに痛くなっていますので、他院では何も考えずに神経を取ると思います。
    隙間があると水素イオンを始めとする電解質は入るし、細菌も入りますので、隙間腐蝕(酸素濃度差腐蝕)は起こります。腐蝕電流が流れますので、歯髄に刺激はあり、歯髄に細菌感染していなくても痛みを感じます。
    隙間があれば当然重曹うがいも効果があります。少なくとも痛みが軽減します。
    今回の露髄>出血は僕はCRを除去するときにさせたものか、前から露髄していたのかの判断はできませんでした。簡単に露髄したので、印象としては2次象牙質ができていないな。。ということをその時感じました。ちなみに患者は麻酔をしていないのですが、それほど痛く無いようです。
    黒くなっていると2次象牙質ができにくいのかもしれないということは今の所確証はありません。
    この記事の主眼点は痛みが出ていても、露髄していても、神経を取らなくてはならないということは無いとアッピールしたかっただけです。

  7. より:

    こんにちは。

    この写真の黒い部分は前の治療の時からあったもので、虫歯ではない・・
    (仮に虫歯であっても黒くなった所は進行が遅い)
    だけれども、辺縁封鎖性が破れて、痛みが出てきた・・

    虫歯じゃなくても、辺縁封鎖性が破れて、隙間腐食による微細な電流が流れれば、痛みは出る・・。

    レジンであっても、レントゲンじゃわからない。
    目視でも、『レジンの周りが黒くなってるね、これ虫歯じゃね?』
    くらいにしかわからない。

    なんとも・・、一度治療した歯をいつ再治療するか、
    さじ加減ってむずかしいですね。

    もう運かもしれませんね。

    患者さんもこれで神経を取らなくていいなら、ラッキーですね。

    とりあえず重曹うがいをがんばるしかなさそうです。
    ありがとうございます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2018 All Rights Reserved.