今日の充填治療396(上級編)

   

40代女性、右下6、自発痛+

数日前、ものすごく痛かったので、焦って来院された。

露髄するので、あえて中心部の軟化象牙質は除去しない。露髄していても気にしない。歯髄はそんなヤワな組織ではない。
辺縁封鎖性を確実にするためにマージン付近は新鮮歯質を確保する。

虫歯は細菌感染症ではなく、電気化学的腐食という物理化学現象なので、
外部との電気伝導を遮断すれば、進行は止まるし痛みも止まる。

さらにハイドロキシアパタイト系セメントで再硬化する。

二回法も既成のストリップスも使った。歯肉即肉もあって、麻酔も電気メスも使わず、どうやってCR充填するのだろうと思うかもしれない。で、上級編。

充填後

CR充填後

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療, 虫歯の電気化学説