予防歯科3

      2017/02/26

虫歯の原因としては一般的には細菌が出す酸で溶けると言われていますが、
ほんとうは教科書にそう書かれているわけではありません。
プラーク中のpHが酸性だと虫歯になると書かれています。
これは細菌は出すpH4程度の酸では歯は溶けないという実験結果から当然のことですが、大多数の歯科医師は歯をpH4程度の酸で溶かす実験をしたことがありません。
テケトウにそう思い込んでいるだけです。
僕は歯科大で虫歯の原因は解っていないと習いました。
しかしすでに工業分野では金属の微生物腐蝕ということが知られていて、歯ももしかしたらカルシウムという金属でできているので、これではないかと思い、電気化学的実験をしてみましたが、当たりました。
歯は金属と同じく、酸性溶液中でプラス電極とすると溶解します。そうなるとまた当然ですがイオン化傾向を測定することもできます。これらの実験結果から、歯は金属と同じように取り扱うことができ、虫歯は金属の腐蝕と同じカテゴリーに属するものだということを疑う余地がありません。そこから分る虫歯予防法は歯磨きでもない、フッ素でもない、プラークをアルカリ性にすることです。フッ素などのハロゲン族は金属腐蝕の原因の1つですよ?濃度にかかわらずフッ素で歯が溶けるのは当たり前ではないですか?だれも反論して来ないのはなぜでしょうね?

 - 削らない・抜かない歯科治療, 虫歯の電気化学説