犬歯誘導その3

      2017/03/20

40代女性、左上臼歯部、冷水痛+、咬合痛+。
左上3が低位で犬歯のガイドがない。
こういう症例はよくあるのですが、
外傷性の咬合(はぎしり、かみしめ等)がある場合は、いろいろな不快症状が出ることがある。
あまりにも低位なのですが、なんとか上下の犬歯にCRを充填というよりは盛り足して犬歯誘導を付与してみました。
この方は反対側にも犬歯誘導を付与したところ調子が良いということで、左側にも試みてみたということです。
1.JPG
2.JPG
3.JPG

 - 歯科未分類, 削らない・抜かない歯科治療