今日の何やっているの?シリーズ13

      2017/03/20

え〜と、この症例もシリーズ12と同じ方、左下6も3年放置していたそうで、今は痛みはないが崩壊寸前、
というかレントゲン写真を見ただけで、抜歯と診断しない歯医者はいないと思います。
僕もそう思います。

でも、、一縷の望みはあります。

とりあえず、窩洞にはまっているパンとか人参とかを清掃してみると、
歯肉息肉だか歯髄息肉だかに覆われています。
じつはこれは抜歯しなくても済むかもしれないサインなのです。

これも抗菌剤添加α-TCPセメントと水硬性セメントで覆いました。

これもそのうちCR充填予定です。

抜髄も感染根管処置も必要なくなるなんて、、??
歯科医学ってなんだったのでしょうか、、??

注)本症例はうちでも限界症例に近いので、真似されるのはかまいませんが、自己責任でお願いします。

1302130934-L.jpg
L0.JPG
L1.JPG
L2.JPG
L3.JPG

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の何やっているの?シリーズ