酸蝕症の電気化学的考察1

      2018/05/18

50代女性、酸蝕症

この方、柑橘系が大好きで、いつも食べている。温州とか清美とかキンカンとか、そういうの。

で、歯が溶ける。柑橘系の酸性度はpH3前後で炭酸飲料と同じくらいだ。

一般にはこの歯が溶けるのは虫歯ではなく。純粋に酸で溶けるものだと思われているが、実際は歯(リン酸カルシウム)は卵の殻(炭酸カルシウム)と違って酸には強い。pH3のコーラに数週間つけ込んでも、溶けてなくなったりしない。ちょっとだけ表面が柔らかくなったような気がする程度、まあ、気のせいかもね?と言ったところ。誰でもできる簡単な実験なので、やってみられることをお勧めします。

え、、歯は酸には溶けないではないか、、!と愕然とすること請け合いですw

まあ、酸蝕症が虫歯とは違うらしい、というのは虫歯菌がいそうもないところが溶けるからで、虫歯とは別物だと思われているが、そうだろうか?
実は虫歯は細菌感染症だと信じきっている歯医者が多いので、なんか釈然としないまま、酸蝕症だ、と言いはっているだけなのです。

で、眠いので今日はここまで。

解説するにはポンチ絵を描かなければいけないのですが、手が動かないので、相当気合を入れて取り組まないといけないので、つづきはまた明日以降ですw

まあ、ネタ元のリンクを貼っておきます。虫歯もそうだが、歯が溶けるのは単純に酸に溶けるのではなく、電気化学的腐食なのです。

ここの異種金属接触腐食と塩濃度差腐食を参照してください。

http://ms-laboratory.jp/zai/part4/5/5.htm

 - 削らない・抜かない歯科治療, 虫歯の電気化学説