歯科医院長mabo400のブログ

酸蝕症の電気化学的考察3

2018/05/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -

で、前回の続きなんですが、

http://mabo400dc.com/dental-treatment/post-26502/#comment-1289

このポンチ絵は前掲の

http://ms-laboratory.jp/zai/part4/5/5.htm

の中の

(以下引用)

(b) 濃淡電池(塩濃淡電池)
 
 同一の金属で作られた二つの電極を,濃度の異なる同種の電解質溶液に別々に浸漬したときに形成される電池である。図3で1極を濃厚溶液中に,他極を希薄なNacl溶液に入れたときに,両極を短絡すると希薄な溶液中には極板からCuが溶出し(アノード),他の電極には電解質溶液からCuが析出する(カソード)。すなわち,2極上の反応は,各々の電極が浸されている溶液の濃度を等しくする方向に進む。つまり、希CuSO4には銅イオンCu++ が溶け出し、銅イオン濃度を上げ、濃CuSO4から銅Cuが析出して銅イオン濃度を下げようとする。

     ・アノ-ド(希CuSO4)   Cu → Cu++ + 2e-
     ・カソード(濃CuSO4)   Cu++ → Cu - 2e-


 
図5.3 濃淡電池

(引用ここまで)

というものを、歯にみかんの果汁が主に付着している歯の先端のCa++濃度が低い部分と、Ca++の飽和溶液(Ca++濃度が高い)の唾液が主体となっている歯茎部分との間に電位差が生じるというものに置き換えた図です。
エナメル質と象牙質間の自然電位差だけではプロトンを汲み上げて切縁の象牙質内のCaから電子を奪いプロトン:H+はH2↑となりCaはCa++となって溶出する(歯が溶ける)のは難しいが、Ca++濃度差があればそれは可能で、pH3程度の酸性度でも歯牙は溶けるということです。

ちなみに目に見えて歯が溶けるのはpH0〜pH1というような強酸で、歯医者さんならよく知っているそれぞれオレンジ色のエッチング液と緑色のエッチング液のことです。


  

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ひろ より:

    なるほど。

    写真で取り上げられてるようなひどいくぼみにはならずとも下記のような前歯のくぼみなら見かけます。

    https://nishimura-dent.com/sanshokushi.html

    すり減りがあれば基本的にはCR治療をした方が良いのでしょうか。

    • mabo400 より:

      象牙質が露出すると、特に酸蝕というわけでなくとも咬耗します。
      どの程度で充填すれば良いかは、ちょっとまずいかな、、と言った感じでケースバイケースです。
      この歯医者さん、僕と似ていますね。お値段は一律ですがw

    • ひろ より:

      象牙質が露出してしまえばすり減りは早そうですよね。

      私も前歯のすり減りが若干ありますがかかりつけ医では酸蝕歯とは言われたことがないです。大丈夫かな笑

      この歯医者さん腕は良さそうですね。

      お値段一律とは良心的な気がします。

  2. ひろ より:

    Ca++濃度差において歯牙が溶けるということは、エナメル質の表面が柔らかくなっている状態と考えて良いでしょうか。通常の溶解であればエナメル質の一層下から起きている現象だと聞いたことがあります。

    ちなみに歯牙が溶けるまでに要する時間はごく短時間でも起こる現象でしょうか。

  3. mabo400 より:

    すみません。ご質問の趣旨がわかりません。この図では象牙質のイオン化傾向>エナメル質のイオン化傾向という前提で象牙質が溶けるという前提でのお話です。
    フッ素によりエナメル質の最表面が硬くなるというお話とか?
    溶ける時間は歯牙にかかる起電力に比例するようです。
    通常はそれほど早くはありません。

    • ひろ より:

      ありがとうございます。

      よくレモンなど酸の強い食べ物を食べた後は、歯の表面が柔らかくなっていると言います。
      溶解であれば象牙質から優先的に溶けてる?ので歯の表面は大丈夫なのではと思うのですが合ってますか。

      確かにフッ素だと歯の表面にコーティングしたように残るので酸に対する耐性はつくらしいです。不安定な構造みたいですが。

  4. mabo400 より:

    フッ素に関しては実験したことがないので、お答えできないのです。すみません。

    柔らかい=溶けている、のではない、というか別の話では?

    歯医者も完全に混同していて論文を読んでも違和感を感じます。
    少なくとも理工系の他分野の方が見ると、は?ってな感じです。

    ただフッ素塗布と重曹うがいの虫歯を治す効果の違いというのは歴然としていて、
    桁が2つ3つ違う印象を受けました。

    というか、フッ素には全く効果がない。

    というのが実感です。
    どこかにも書きましたが、歯医者は騙されていますよ。

    • ひろ より:

      ありがとうございます。
      酸の強い物を食べた後に歯磨きをするとエナメル質が削れるのでしょうか。通常の食事なら問題ないそうですが。

      溶解の原理からすると違うので、表面が柔らかくなっているだろうという推測に感じます。

      http://shinodashika.or.tv/2015/04/post-450.html

      私もフッ素は疑問に感じます。
      フルオロアパタイト形成についての論文を調べてみましたが、みなさんフッ素について疑問視してました。

  5. mabo400 より:

    多分推測です。自分で実験していないのでしょう。
    ちなみにコーラのpHは蓋を開けた直後では実測で2.8でした。それ以降でpH3でした。
    pH3に歯を漬け込んでも1ヶ月くらいでは溶けません。
    その図のは低すぎ、と思います。

    歯が起電力なしで酸のみで溶けるにはpH0〜1の強酸が必要です。
    pH2とか酸っぱすぎて口に含んではいられないのでは、ましてやその状態で歯磨きするとか、拷問でしょう?w

    • ひろ より:

      やはりそうですよね。ありがとうございます。

      ただ、人の口の中だと起電力があるので酸の強い物を頻繁だったり、ダラダラ飲んだり食べたりというのは象牙質が溶けて酸蝕症になる恐れがあるということでしょうか。

      歯科の影響で食品メーカーも騙されてる感じがしますね。読んでるとなんだか色々とおかしい気がします。
      https://www.kirin.co.jp/products/softdrink/alkali/sp/product/topics/letter_13.html

      ph2で歯磨きしたくないですよねw

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2018 All Rights Reserved.