今日の充填治療その146

      2017/03/20

40代女性、右下5、ときどき凍みたりする。痛いこともあった。
軟化象牙質は接着に必要な範囲しか取らなくてもよい。
CR充填に当たり、少なくとも乾燥できないようなぐちょぐちょの象牙質だけを除去すればよい。
1mm程度の接着代があれば十分な接着強度と辺縁封鎖性が得られるようです。
軟化象牙質にはα-TCPセメントがちゃんと付いた方がよい。
注意点はこの程度です。

1206160949-1.jpg
1.JPG
2.JPG
3.JPG
4.JPG
5.JPG

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療