歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日も野戦病院シリーズ7 (2)

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

6歳男子、左上E、GA形成、自発痛ー
今日歯磨きしていたら、自壊して膿やら血やらがたくさん出てびっくりしたそうです。
この歯は2年前にCR充填していますが、ダツリしてしばらく放置していたものの再CR充填症例です。
GAの部分を押すと、髄腔内から浸出液が出てきます。
こういう場合、歯髄は失活しているわけではなくて、少なくとも部分的には生きています。
教科書的には化膿性の歯髄炎は不可逆性なので抜随するしかないのですが、
抗菌剤入りα-TCPで直覆してCR充填しました。
帰りに抗生物質を2回分与えました。
この処置を見ている歯医者さんは信じられないと思いますが、痛くなったりしません。
神経取って被せるとか必要なくて、CR充填だけなのでコストは1/3以下で済みます。
2011/09/02
1.JPG
2011/10/07
2.JPG
3.JPG
4.JPG
2013/03/04
10.JPG
11.JPG
12.JPG
13.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ポルケッタ より:

    このようなケース、乳歯でよくあるのですが歯肉息肉を除去して充填できるのですね。

  2. mabo400 より:

    乳歯にかかわらず充填に邪魔にならなければ(クリアランスが十分にある場合)、そのまま覆とうしても大丈夫です。正常組織に戻ります。

  3. ポルケッタ より:

    ありがとうございます。アパタイトライナー注文しました。
    もう一つおたずねしたいのですが、軟化象牙質はすべて取り切ってから充填でしょうか?
     最低限接着できる範囲まで取ってなるべく触りませんか?

    • mabo400 より:

      軟像は全部取らなくてもそのセメントで再硬化します。
      セメントが付く程度にプラーク等で汚れていなくて、乾燥できて、
      マージン付近だけ新鮮象牙質を確保できればOKです。
      同じようにやってくれる同業者さんが増えて嬉しいです^^/

  4. ポルケッタ より:

    ご教示ありがとうございました。やらせていただきますね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2013 All Rights Reserved.