歯科医院長mabo400のブログ

今日の抜歯再殖術シリーズ10

2019/12/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2013年現在86歳男性、種々持病有り、咬合力は強い。左上5、2次カリエスにて抜歯再殖症例。
この症例は2004年〜2009年抜歯までの経過を追ったもので、
初期条件はかなり悪く、通常は保存は諦める症例ですが、どこまで保たせられるかやってみました。
2次カリエスで、歯根はほとんど骨縁下まで溶けてしまっています。
抜歯して使える歯根はほんの少し、既製のポストを挿入しコアをスーパーボンド+CRで築成して、抜歯窩に浅く再殖しています。
一度再殖は成功して、ハイブリッド・セラミックスで冠を作っていますが、徐々に左上5歯根周囲の炎症がひどくなり、歯根のみカットして抜歯しています。そうこうしているうちに左上4も歯根破折してしまい、高齢ということもあり左上4の抜歯再殖は諦めて、一番大きな破折片を使い修復しています。
管理は月に1度のPMTCで行いました。この症例では4〜5年は保っていますが、この辺りが限界でしょう。ご参考まで。

2004/09/29再殖前
0409291052-1.jpg
2005/03/30再殖2ヶ月後
0503301035-1.jpg
2005/07/20
0507201207-1.jpg
2006/10/30
0610301135-1.jpg
2007/08/29
0708291203-1.jpg
2008/05/26
0805261200-2.jpg
2009/09/28
0909281026-1.jpg
2009/10/13
0910131213-2.jpg
2010/08/20 左上5抜歯後、左上4歯根破折
1008200959-1.jpg
2011/01/05
1101051144-1.jpg

2004/12/17
抜歯再殖前、ブリッジ切断、除去したところ。
041217-1.JPG
041217-2.JPG
2005/01/12抜歯再殖時
050112-1.JPG
050112-2.JPG
050112-3.JPG
050112-4.JPG
050112-5.JPG
2004/04/15 補綴時
050415-6.JPG
2004/04/26
050426-1.JPG
2009/12/07 左上5抜歯時
091207-1.JPG
091207-2.JPG
091207-3.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2013 All Rights Reserved.