今日の充填治療401(初級編)

      2018/06/24

40代女性、右上4 遠心隣接面カリエス。右上5 2次カリエス

一見虫歯には見えないが、内部は虫歯になっている。保存修復物には必ず寿命がある。

最初から「何もせん方がいい」というケースは多い。

歯医者が虫歯をメタルインレーにする最大の理由は、1件あたりのチェアタイムが短くて済むということだ。
歯科医師は削っただけで、型取りも、技工作業も、試適、調整も全て助手、歯科衛生士、歯科技工士に任せて、その間に他の患者の歯を削りに行くことができるからだ。
歯を削る行為は歯科医師にしか認められていない。

もちろん全ての工程を自分でやっても構わないが、実際にやると身体を壊すw
現実には全ての工程を自分でできる歯医者はいないだろう。

要するに歯科業界というのは「削ってなんぼ」の世界なので、短時間にどれだけ削ったかで売り上げが決まるのだ。

CR充填はその正反対にある修復方法なので、これで食べていくことはできない。身体が壊れるだけだからだ。保険でしてくれと言われても、丁寧にお断りするしかない。僕の身体はすでに壊れている。

予防歯科を標榜していても、現実には予防だけではクリニックを経営できない。ちまちま削ったりしないけど、やるときはがっつり削って患者にはがっつり請求する。 某有名予防歯科医院も当然そうだ。

MMSの記事が続いたので、今日はちょっと口直し、CR充填でも御覧ください。
一々解説はしませんが(知りたい方は膨大な過去記事を参照してくださいw)、注意深く見れば、どういうことなのかは判るように画像を選択しています。

before







after

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療, 今日の2次カリエスシリーズ, 虫歯の電気化学説