外傷性咬合6.0

      2018/07/02

20代男性、左上6、CR破折による2次カリエス、時々温痛・咬合痛
右上6、アトピー性皮膚炎で金属アレルギーが気になるので、メタルインレーを除去したい。通院中の歯科医院では隣接面窩洞のCR充填はできない。セラミックインレーは歯質の削除量が多いので、CR充填で再治療をして欲しいという依頼だった。

CR充填自体には難しいことはないのだが、非常に問題のある所見が満載だった。6番の象牙質には明らかにクラック(ヒビ)が認められる歯もあり、温痛が出ているという症状から、破折寸前でクラックから電解質や細菌が歯髄に侵入し始めていることが疑われる。

要するに歯牙破折一歩手前だ。いつ破折して抜歯せざるを得なくなるか分からない。

・・一目見ると外傷性咬合の持ち主だということは分かる。

エラが張っている顔貌は咬筋が発達していて、必要以上に咬合力が強すぎると思われる。

舌と頬粘膜に歯形が付いていて、歯軸が内側に傾斜している。いつも咬筋や口輪筋に力が入っている、つまり噛み締めをしているということだ。

ディープバイトで下顎が右側に回転しつつ後方強制位になっていると思われる。これは常に奥歯で噛み締めていることを表している。しかも下顎の側方運動がほとんどできない、噛み締めるしかない咬合様式だ。

上顎には大きな骨隆起がある。これは強すぎる咬合力による顎骨の変形を防ぐためと言われている。6番だけに虫歯がある。これは6番だけに外傷力が働いていることを示している。虫歯になりやすいのなら、他の歯にも虫歯があっても良いはずだが、そうではない。

下顎も同様だ。

このような強すぎる咬合力や常に噛み締めている癖があるということには患者本人には全く自覚がない。これが当たり前だと思っているからだ。

つづく

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療, 今日の2次カリエスシリーズ, 外傷性咬合