外傷性咬合6.2

      2018/07/02

20代男性、左上6、CR破折による2次カリエス、時々温痛・咬合痛

右上6、アトピー性皮膚炎で金属アレルギーが気になるので、メタルインレーを除去したい。通院中の歯科医院では隣接面窩洞のCR充填はできない。セラミックインレーは歯質の削除量が多いので、CR充填で再治療をして欲しいという依頼だった。

CR充填自体には難しいことはないのだが、非常に問題のある所見が満載だった。6番の象牙質には明らかにクラック(ヒビ)が認められる歯もあり、温痛が出ているという所見でクラックから電解質や細菌が歯髄に侵入し始めていることが疑われる。

要するに歯牙破折一歩手前だ。いつ破折して抜歯せざるを得なくなるか分からない。

・・一目見ると外傷性咬合の持ち主だということは分かる。

エラが張っている顔貌は咬筋が発達していて、必要以上に咬合力が強すぎると思われる。

舌と頬粘膜に歯形が付いていて、歯軸が内側に傾斜している。いつも咬筋や口輪筋に力が入っている、つまり噛み締めをしているということだ。

今回は右上6のメタルインレーをCRに交換してくれという依頼です。
近心の口蓋咬頭はよく使う所為かクラックが多数入っており、崩壊寸前に見えた。
光の加減でよく見える角度があるので、後ほど確認してみたい。

思いの外インレーが分厚く、除去に時間がかかった。充填に要する時間より長くかかり、神経をすり減らした。歯質よりメタルの方が丈夫なので、なるべく歯質を傷つけないように除去するのは難しい。

近心半の方が薄いので除去しやすかった。

口蓋半は非常に分厚く時間がかかった。全体的にはセメントは効いていない。嵌合力だけで維持しているが、電解質や色素は侵入している。FeSにより黒色に着色している部分は隙間はより大きく硫酸塩還元細菌の侵入を許している。

裏装セメントとマージン付近のFeSを除去してみた。
口腔内では見えないが、画像を拡大して見てみると、近遠心的に破折線が見えないこともない。左上6よりは深刻ではないが、いずれ真っ二つに割れるだろう。

窩洞がどのくらい深いかは正象で見てみるとよくわかると思う。これが元々あった虫歯の深さだ。楕円部分が早晩崩壊しそうな咬頭だ。遠心のエナメル質のクラックは象牙質に達している。

後のCR充填はそれほど難しいとは思わない。これができない歯医者は敬遠した方が良いだろう。下手な医者にかかりたくないのは人情だ。

α-TCPセメントで覆とうして

2回法でCRを築成した。

2回めはストリップスを使っている

築成後

咬合調整後。多分CRより先に歯質が壊れるだろう。補修は必要になると思う。

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療, 外傷性咬合