今日の抜歯再植術シリーズ85.00

   

40代女性、右下6、2次カリエスに因る抜歯再植

昨夜は高齢化社会に備えた歯科医師の役割みたいな話を、昔歯学部で習ったそのままの先生が髪は白く薄くなっていたが講師でやってきて、若い歯科医師が多かったけれどみんなで授業を受けた。
加齢・疾患に伴うフレイル(心身の虚弱、認知症含む)、サルコペニア(筋力の低下、咀嚼嚥下などの口腔機能低下)、それらに診療室や在宅診療でどのように対処するか、なるべく要介護状態にならないようにするにはどうするか、なってしまった時にどうするか、地域の関係他職種とどのように連携していくか、そんな話だった。誰でもそうなる。自分もそうだ。厳しい状態が常態化していくだろう。

・・今を遡ること3年前、2015/11/09のことでしたが、
FCKのメタルコアの脱離に気がつくのに遅れて、

外してみると内部は悲惨なことになっていた。

冠の内面

カリエスを除去して

象牙質の再硬化を期待してα-TCPセメントを入れ

CRコアを築成しCKを入れた。

次回につづく

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の抜歯再植術シリーズ, 今日の2次カリエスシリーズ