ノンクラスプデンチャーの考え方その5

   

70代女性、下顎パッチン義歯

以下の続きで、口腔内セットの様子。
理論に基づき調整しただけで、口腔内では無調整でフィットする。

http://mabo400dc.com/dental-treatment/post-27432/

このノンクラスプデンチャーは専用材料ではなく、通常義歯用材料で作っています。
専用の射出器も必要ありません。
非専用材料を使いこなすには、材料に対する広くて深い知識と経験が必要で、材料の物性に合わせた最適設計ができるのかどうか、製作過程の最初から最後まで、そして口腔内での使用状況まで、見通せる能力が必要になります。

誰にでもできるわけではありませんが、実はブランド名など関係ないのです。○○はどうとか、△△は使えないとか、メーカーの掌の上で踊らされているのも悲しくありませんか?

before

after

咬合面観

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療, 義歯