歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の抜歯再植術シリーズ87.01

 
この記事を書いている人 - WRITER -

40代男性、左下7、外傷性咬合、穿孔、Per、咬合痛+、動揺度2

左下6は子供の頃、自分で抜いたというツワモノ。
上顎の7番も自分で抜いた。

左下7は左下6がないので、傾斜してきて、咬合に耐えることが難しい。
左上7もないので、左下6には負担が増えるばかりだ。

通常の根管治療では治すことはできない。フィステルや歯周ポケットからは盛大に排膿する。
誰が見ても保存は不可能な歯なのだが、一縷の望みをかけて抜歯再植を試みてみた。

前回の続きで、再建が終わった歯牙は

抜歯窩に

戻すわけだが、バイトは高すぎるので、

連結固定後に調整する。

バイトが高いわけは上顎の6が噛み込んでいるからだ。

包帯、投薬して経過観察

再植後のレントゲン写真

今日見てみましたが、なんとか生着しそうな予感w
でも、あまりにも清掃不良なので、抗生剤を追加投与した。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2018 All Rights Reserved.